eBay輸出を2012年からやっています(たまに輸入も)

eBayで輸出販売!初心者でも稼げるの?

eBay出品ツール

File Exchangeの使い方 その4 出品(後編)

投稿日:2018年3月20日 更新日:

少し加工していますが、ほぼほぼ現在使用している出品用のエクセルファイルです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓



使用は自己責任でお願いします。
いかなる損害等が発生しても関知しません。

使用の要件等について

「出品一覧」シートにデータを入力すると「FileExchangeFormat」シートに
一定の変換を加えて、データが飛ぶ仕様になっています。

送料設定が4種類しか設定できない都合で、Standardはアジアと北米と欧州の3区分、
Ecconomyは一律送料の設定にしてあります。
「出品一覧」シートではStandardアジアが「EMS1」、Standard北米が「EMS2」、
Standard欧州が「EMS3」、Ecconomyが「Air」に該当します。
「Air」に「-」を入力するとEcconomyを使用しません、また「Air」に数字を入れると
Ecconomy発送を優先する設定になります。

Descriptionは、商品名(Title)をそのまま流用しています。
実際は、商品詳細の説明や支払い・発送についてを記載したHTMLコードを作成してます。

「出品一覧」シートのPic1からPic10は、写真のURLの入力欄です。
PicURLは10個まで入力できます。ご自身のファイルサーバのURLを入力して下さい。

PayPalAcceptedは可の「1」で固定しています。

PayPalEmailAddressはダミーのアドレスが入ってますのでご自身のPalpalの
メールアドレスを入力してください。

ImmediatePayRequiredは受け付けない「0」で固定しています。

Locationは「Japan」としていますが詳細な場所に変更してください。

ShippingTypeは「Flat」で固定しています。

ReturnsAcceptedOptionは返品可の「ReturnsAccepted」で固定しています。

ReturnsWithinOptionは14日間返品OKの「Days_14」で固定しています。

RefundOptionは「MoneyBack」で固定しています。

ShippingCostPaidByOptionは買主送料負担の「Buyer」を固定しています。

使い方

「出品一覧」シートに必要なデータを入力し、該当の「ID」を
「FileExchangeFormat」シートの「ID」列に入力すると
FileExchange仕様のデータが出来上がります。
そのデータのB列から「BB列」までを新規のエクセルファイルに
コピーして、CVS形式で保存すれば完成です。

FileExchangeは、とっつきにくいので最初の手掛かりになればと思い
エクセルファイルを公開しました。
Descriptionの部分はカスタマイズが必須です。
他にも条件が合わない部分があるかはずですので、ご自身で調整してください。

-eBay出品ツール

Copyright© eBayで輸出販売!初心者でも稼げるの? , 2018 AllRights Reserved.